紀州うめノほしとフルーツチーズトースト

紀州うめノほしとフルーツチーズトースト

洋食 軽食 調理時間:10分

材料

  • 紀州うめノほし小さじ1〜2
  • 食パン(6枚切り)1枚
  • ジュレッドチーズ約30g
  • プラム小2個
  • バター大さじ1
  • 砂糖小さじ1
  • はちみつ大さじ1

つくりかた

  1. プラムはペティナイフで薄めのボートカットにしておく。
  2. シュレッドチーズに「うめノほし」を混ぜ合わせ、食パンの上に広げる。
  3. 2の食パンをオーブントースターに入れ、シュレッドチーズが溶けてこんがりとした焦げ目がつくまで焼く。
  4. 3でパンを焼いている間にプラムをグリルする。ミニフライパンにバターを入れて火にかけ、溶けたらプラムを並べ砂糖をふって軽く焼き目がつくまで焼く
  5. 焼けた食パンに4のプラムを並べ、はちみつをたらして完成。

ワンポイント

  • 梅とプラムは親戚のような関係。甘酸っぱさがたまらない果実と梅は相性抜群なので、ここにチーズのコクやはちみつの甘さをプラスして、少し和風テイストのアレンジトーストに仕上げました。永遠の人気者であるながら昨今はフードトレンドともなっている”甘じょっぱい味わい”はクセになる美味しさで、焼き立てアツアツを頬張るだけで幸せな気持ちに。朝ごはんはもちろんですが、こっくりとした白ワインやスパークリングワインに合わせても意外なペアリングが楽しめます。 フルーツグリルは、やったことが無い人は最初は抵抗があるかもしれませんが、要は「炒めていないジャム」のようなものです。バターと砂糖によって表面がキャラメリゼされる状態になるので、フルーツのまた違った表情が楽しめるのもポイント。忙しい時なら、フルーツグリルやはちみつのトッピングは無しでもOK。シンプルな「うめノほし」のチーズトーストだけでも、飽きのこない美味しさです。(「世界一簡かんたんに人を幸せにする食べ物、それはトースト」著者:山口繭子様より。)
0120-47-0610